主に産業・医療・車載用途のカメラに関する豆知識を紹介します。
カメラを選定する際に是非お役立てください。

波長域およびモノクロ/カラー

光の波長域カメラに搭載されているイメージセンサにはそれぞれ反応できる光の波長が決められています。波長の単位はnm (10億分の1m) または μm (100万分の...

詳しくはこちら

インターフェース

カメラとパソコンや画像処理装置を繋ぐインターフェースには様々な種類があります。このページでは主なインターフェースの種類と特徴について説明します。※詳細につきましては規格書...

詳しくはこちら

データフォーマット

カメラから出力される画像データのフォーマットには様々な種類があります。ここでは代表的なデータフォーマットについて簡単に説明します。RAW (RGB Bayer)...

詳しくはこちら

形状

カメラの形状には大きく分けてボードタイプとボックスタイプがあります。ボードタイプ、ボックスタイプともに様々なサイズがございますので、お問い合わせの際にご希望の形状と寸法を...

詳しくはこちら

イメージセンサのサイズ

カメラの撮像素子(イメージセンサ)には様々なサイズの製品があります。例えば、市販のデジタルカメラに使用されるイメージセンサには下記のようなサイズの製品がよく使われます。イメー...

詳しくはこちら

レンズマウント

カメラのレンズマウントには様々な規格があります。組込機器でよく使われるレンズマウントの規格を下記の表に示します。項目M12 (Sマウント)CマウントCSマウント内...

詳しくはこちら

レンズの画角

カメラのレンズ毎に撮影できる範囲が決めれています。民生向けの一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラでは撮影可能な範囲を「焦点距離」で表しますが、産業機器向けのカメラでは...

詳しくはこちら